看護師【※地方公務員】求人ガイド 看護師<地方公務員>の年齢制限は?

看護師【※地方公務員】求人ガイド

安定した収入

活きる資格!見に付くスキル!

やりがいのある仕事がみつかる

看護師<地方公務員>の年齢制限は?

一般的に中途採用の募集をする医療機関では、若い看護師を求める傾向があります。看護師の仕事は昼夜問わず、特に病棟勤務は行わないといけないので、若くて体力のある看護師を求めるわけです。慢性的に看護師不足の状況が全国的に続いているので、他の職種と比較すると、年配の看護師でも採用される可能性は高いです。しかし、年齢が上になればなるほど、転職は不利になることは頭の中に入れておくべきです。もし、転職を検討しているのであれば、ズルズル後回しにするのではなく、早めに行動を起こしましょう。地方公務員の看護師に関しても、公立病院の求人情報で年齢制限が出ているケースも見られます。

地方公務員の看護師募集における年齢制限に関してですが、これは地方自治体によって、対応もまちまちです。ある自治体では応募もできない年齢でも、他の自治体を見れば応募可能、というケースもあります。ちなみに、公務員看護師になるためには、その地域の出身者でないといけないという規定はありません。採用試験で一定の成績をおさめれば、管轄外の出身の方でも採用されます。ある程度、年齢が行っているという自覚があれば、日本全国など広範囲にターゲットを求めていきましょう。そうすれば、応募可能な案件も見つかります。

ここでは東京の都立病院の求人を一例として紹介します。都立病院では、1種B採用と2種採用という2コースに分けて、求人募集が出ます。1種B採用の場合、年齢制限が30歳未満となっています。2種採用の場合、45歳までという年齢制限があります。このようにしてみると、20~30代の働き盛りの看護師であれば、まだまだ公務員看護師として働けるチャンスはありますが、40~50代の看護師になると、条件は厳しくなります。ただし、公立病院の中にはベテラン看護師を採用して、周りの後輩看護師の指導も行ってほしいとか、即戦力として専門性の高い看護師を求めるケースもあります。

自分で日本全国にある公務員看護師の募集の年齢制限情報をいちいちチェックするとなると、どうしても手間も時間もかかってしまいます。そこで、転職エージェントを頼ってみるといいでしょう。転職エージェントに登録すると、キャリアコンサルタントが皆さんの条件を見て、応募できる公務員看護師の求人情報を紹介してくれます。特に現在仕事をしながら転職活動も行っていきたいと思っている人にとっては、力強いパートナーになってくれるでしょう。

看護師【※地方公務員】求人ガイドランキング