看護師【※地方公務員】求人ガイド 看護師<地方公務員>のメリットは?

看護師【※地方公務員】求人ガイド

安定した収入

活きる資格!見に付くスキル!

やりがいのある仕事がみつかる

看護師<地方公務員>のメリットは?

地方公務員で仕事をする看護師のメリットは、まず給料の良さにあるでしょう。看護師の年収の平均に関するデータが、あるサイトで紹介されていました。その中で、民間病院で仕事をしている看護師の平均年収は474万5000円と出ているのに対して、地方公務員看護師の平均年収は566万2000円でした。年収で90~100万円程度の差があるのは、かなり大きいです。額面で見ると、あまり大きな変わりがない場合でも、地方公務員の場合はいろいろな名目で、手当てが付いてきます。この手当てを上乗せすると、公立病院と民間病院の格差が大きくなるわけです。より良い給料で仕事をしてみたいと思っている看護師がいれば、公立病院に転職して、公務員看護師になることも検討すべきです。民間病院で働く看護師が公立で働く看護師と待遇を比較してみたところ、給料は倍以上、ボーナスも3倍だった、という体験談をインターネットで紹介している事例もありました。

また、退職金をたくさんもらえるのも、公務員看護師のメリットです。公務員の退職金は規定があって、公立病院の看護師もこの公務員規定をベースにして、支給額が決まります。一般的に10年以上勤続をすると、かなりまとまった退職金がもらえるという傾向があります。30~40年、同じ病院一筋で仕事をしてきた看護師の場合、3000万円程度の退職金になるケースが過去に実際にあったと言いますが、これだけまとまった退職金をもらえれば、老後も比較的余裕を持った生活をすることができます。

公務員の場合、安定した地位に就けるというのも大きなメリットでしょう。親方日の丸ではありませんが、運営しているのが公的な機関なので、まず倒産をする可能性が低いです。また、公立病院の場合、どの地方でも地域医療を担っている傾向が見られるので閉鎖の可能性もないでしょう。このため、長きにわたって安定した給料が受け取れます。民間病院の場合、こうはいかないでしょう。もし、採算が取れないのであれば、その医療機関を早く閉めてしまって、損失の拡大を防ぐ措置を講じる可能性は高いです。

公務員は、社会的なステータスも高いです。例えば、住宅ローンやオートローン、カードローンサービスを使って借り入れをするとします。この場合、審査が必要なのですが、公務員は多くの職業の中で最も高く評価される職種です。ですから、融資が受けやすいというのも、今後メリットになってくるかもしれません。公務員看護師を目指す人も多いですが、それは、このようなメリットがあるからとも言えます。

看護師【※地方公務員】求人ガイドランキング