看護師【※地方公務員】求人ガイド 看護師<地方公務員>の試験は?

看護師【※地方公務員】求人ガイド

安定した収入

活きる資格!見に付くスキル!

やりがいのある仕事がみつかる

看護師<地方公務員>の試験は?

看護師が地方公務員になる方法として多いパターンが、公立病院に就職する方法です。公立病院に就職できれば地方公務員扱いになるので、公務員試験を受ける必要性はありません。それでは、公立病院の行っている採用試験はどのようなものなのかというと、一般的には民間病院と一緒で面接試験などを通じて採用の可否を決めるというスタイルを取っています。看護師不足の状況は民間病院だけでなく、公立病院でも起きているので年間通じて随時募集の出ている傾向があります。

民間の病院で、看護師の採用試験で筆記試験を実施することは、決して多くないでしょう。しかし、公立病院の中には、筆記試験を実施しているところもあります。筆記試験は、看護師の専門的な知識について問う問題以外にも、一般教養や一般知識について問う問題も出題している医療機関もあります。一般教養は、医療関連の法律的な知識に関して、一般知識はいわゆる普通教科に関する問題になります。

看護師の専門知識に関する勉強は、国家試験を受験する時に使ったテキストなどを使い回しすればいいでしょう。しかし、一般教養や一般知識の試験対策をどのようにすればいいのかわからない、という話はよく聞きます。一般教養や一般知識の試験対策をするためには、公務員試験のテキストや問題集を使って対策をするのがいいでしょう。大手書店に行くと、地方公務員の試験コーナーを用意していることが多いです。そこで販売されているテキストをいくつか手に取ってみて、見てわかりやすそうなものを選んでみましょう。

また、地方公務員看護師に応募するためには、提出する書類の準備もする必要があります。履歴書や職務経歴書は必要になるので、あらかじめ準備しましょう。中には書類選考もあって、そこで引っかかって、次の筆記や面接試験にも進めない恐れもあります。書類選考をより確実にクリアしたいのであれば、転職エージェントへの登録も検討しましょう。キャリアコンサルタントは、公立病院の採用傾向のノウハウを持っています。そこで、採用試験をクリアするためには、何に重点を置いてアピールすればいいのかをアドバイスしてくれます。履歴書や職務経歴書の添削をしてくれるところもあって、より魅力的な書類にするにはどうすべきかを教えてくれますし、模擬面接といって面接の本番を想定したサービスを実施しているエージェントもあります。面接本番で緊張しにくくなるメリットがあります。

看護師【※地方公務員】求人ガイドランキング